濡れても使えるのがいいです

今までのメイク落としは、乾いた手で使うもので顔も濡らしちゃだめというものばっかりだったから、お風呂で使えないのがすごく不便でした。でも最近では手が濡れてても使えるものが出てきたので嬉しいです。

早速手が濡れてても使えるものを買って使ってみましたが、これはものすごく便利です。

今までは洗面台でメイクだけ落としてからお風呂に入ってたので、メイクもお風呂で落とせるというのは画期的でした。

手も顔も濡れたままで本当に綺麗に落ちるのかが不安でしたが、満足の仕上がりでした。

あんまり強くこすらなくても、ゆっくり顔をマッサージするように手を動かすとグロスもマスカラも綺麗に落ちるんです。

お風呂で温まって毛穴も開いてるので、毛穴の汚れまですっきり落ちてると思います。

普段ウォータープルーフのマスカラを使っているのでなかなか落ちないんじゃないかと思いましたが、それも綺麗に短時間で落とせました。その後の洗顔も同時に出来るのが助かっています。

肌への負担やメイク落ちに違いがある

メイク落としには,・オイル・ミルク・ジェル・クリーム・シートなどの種類がありますが、肌への負担やメイク落ちに違いがあるといわれています。

例えば、オイルクレンジングはメイク落ちが良いけど、乾燥など肌への負担が大きいといわれ、ミルククレンジング・クリームクレンジングは肌に優しいけど、メイク落ちがいまいちといわれています。

個人的に好きなのはジェルクレンジングで、じんわりあったかい使用感のホットジェルクレンジングといった製品もあるんです。

こちらは、メイク落ちと肌への負担が考えられた製品で、どちらにも不満はなく、ホットの使用感がとても癒されるんです。

私自身はメイクはあまりガッツリするタイプではないのですが、それでもミルククレンジングやクリームクレンジングはメイク落ちに不満が残る製品が多かったです。

ただ最近は、「ミルクなのにメイク落ちが良い!」などといったキャッチコピーの製品も販売されているので、チャレンジしてみたいと思っています。

メイク落としによる効果

| コメント(0)

メイク落としに求めるものは、ただメイクを落とすだけが目的ですか?

メイク落としには、オイルタイプやクリームタイプ、シートタイプなど様々な種類があります。

つい、安くてドラックストアなどで手軽に買えるメイク落としを買ってしまうかもしれませんが、私の場合は、そのようなメイク落としでメイクを落とすと、綺麗にメイクが落ちなかったり、顔がひりひりしたり、日に日に毛穴が開いてきたりして肌が汚くなってきます。

そして、毛穴の目立ちが気になってきましたので、メイク落としを変えてみようと思いました。

化粧品売り場の美容部員さんに相談したところ、今まで使っていたものの6倍ぐらいの価格がする商品を勧められました。

あまりに高かったので、迷いましたが、試しに購入して使ってみました。

以前は、オイルタイプを使っていましたが、今回購入したものは、クリームタイプでした。クリームタイプは初めて使いましたが、肌に優しく、肌が綺麗になってきました。

メイク落としをちょっとやってみた

メイクというものを私はあまりしません。年齢がまだ若いというのもあるのですが、メイクをすると肌が窮屈なような感じがして、息苦しいように感じるんですよね。

これをどうにかして避けようと思っていたら、いつの間にかメイクをすることを忘れていたということになりますね。本当はそんな自分ではいけないとは思っていたんですよね。

そんな中、最近になるのですがついにメイクをすることがあった訳です。久しぶりだったので、バッチリ決めるまでに時間がかかってしまいました。

そして肌はやはり息苦しいような雰囲気を訴えてきています。もう少しだから我慢してと何度も説明をして、どうにかこうにかメイク落としができる時間にまでなりました。それからというものの、私はメイク落としにハマってしまいましたね。

あの息苦しさからの開放感というのは何ともいえない気分を与えてくれます。すっきり爽快というのはまさにこのことを指すのではないだろうかというほどでした。

時と場合のメイク落とし

どんな時でもメイク落としが出来るわけでもなく、せっかく家に帰ってきても人が来るとか、その後出掛けるとかあればメイクを落とすことできません。


あー1日終わったー。おつかれー。という感じで洗います。


 思い起こしてみれば学生時代、ごろ寝状態で泊まる部活の合宿をしたとき、みんな休む前にすごい勢いでメイクを落としていました。


 「忘れたから貸して」という子がいたり、「試供品を今日は持ってきた。」という子もいました。あとは「家でも使うけど拭くタイプ。楽ちんだもの」と言う子もいました。


 その時のことを思い出すと確か、使い分けてるという意見が出てきました。どう使い分けるかというと、普段はメイク落としと洗顔、化粧水、乳液という順なのに対して、疲れた時や飲んで帰った時は、拭くタイプのメイク落としだけだったりすると言う話でした。「疲れているときはそうだよね。」って大勢で同感していました。


 また「持ってこなかった。貸して」という子ほど「私これ使ったことないから、使ったことあるものでする。」って何人かが言っていたのを思い出しました。


 便利さで使い分けはするけれど、だいたいの人が初めて使うモノには敏感になるのかも知れません。